2014年06月11日

 名作 【 舟を編む 】

● 2014.6.9 【 舟を編む 】 ( 三浦しをん ・ 著 ) を、感動の内に読了した。
 図書館で借りてきたものを、妻が先に読んで、続いて 私が読んだ。

 私たち夫婦にとって、【 舟を編む 】 は、映画の方が先だった。
 最近は、映画館に出かけて行って 映画を観ることが、めったに なくなっている。最近の映画は、暴力や殺人、男女関係や性描写が強烈で、お金を出してまで 観に行きたいと思う映画が、なかなか なかった。
 でも、【 舟を編む 】 については、“ これは 観たい ! ” と思って出かけて行った。

 そして、予想通り ・ 予想以上に 感動した。 「 ことば 」 に対する 熱い思いが伝わってきた。
 松田龍平 ・ 宮崎あおい 他 各俳優の名演、石井裕也 ・ 監督の名演出。すべてが 見事だった。

 その前後だと思うけれど、高槻市立図書館に、 【 舟を編む 】 の予約を入れておいた。話題の本だったので、さすが、100人以上待ちだったかな ?
 でも、待っていれば いつか順番が回ってくるだろう。他にすることが いろいろあるし ・・・・・ と思って、いつしか 予約したことさえ、忘れてしまっていた。

 先日、図書館から電話をいただいて、「 去年の4月に予約された本が 準備できましたので、お越しください。」 ━━ とのことだったよ、と妻の伝言。
 1年以上前。さて、何の本を予約したんだっけ ? 思い出せないけど ・・・・・ と思いながら、後日 図書館に出かけて行って出会ったのが、何と 【 舟を編む 】 だった !

P1100783.jpg

   「 辞書は、言葉の海を渡る舟だ。
     海を渡るにふさわしい 舟を編む。」


● 新約聖書 「 ヨハネの福音書 」 1章1節
 「 初めに、ことばが あった。」
( 初めに ・ 永遠的存在として、ことばが あった。)
 「 ことばは 神とともに あった。 ことばは 神であった。」

※ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%9F%E3%82%92%E7%B7%A8%E3%82%80
posted by ukon3 at 20:17| Comment(0) | いろいろ (3)