2014年07月06日

 特別賛美 【 放蕩息子 】

● 2014.7.6 (日)、阿武山福音自由教会の礼拝の時に、私たち夫婦で、特別賛美をささげました。

 ささげた賛美の曲は、オリジナル のもので、新約聖書 ・ 「 ルカの福音書 」 15章で、
主イエス・キリストが語られた 【 放蕩息子 】 ( ほうとうむすこ ) の話を、賛美の詩にしたものです。

 曲の方は、「 通りゃんせ 」 の歌の調べに合わせてみたものですが、旧約聖書 ・ 「 詩篇 」 の中にも、当時、みんなが よく知っていた ━━ 「 ゆりの花 」 の調べに合わせて ・
「 滅ぼすな 」 の調べに合わせて 歌われた賛美の歌が、登場してきています。

P1100815.jpg

     【 放蕩息子 】    ※ 「 通りゃんせ 」 の調べに合わせて

   @  「 おとうさん おとうさん
        わたしがいただく はずのもの
        財産分けを してください
        わたしにひとつの 考えが
        こころに湧いて きたのです
        あなたのそばを 離れても
        わたしの道を すすみたい 」

        父にもらった 身代まとめ
        遠いはるかな 国めざし 旅立った

   A  「 あぁ ひもじい 死にそうだ
        豚のえさで飢え 満たしたい
        だれひとり あたえてくれない
        父のところには 食べ物が
        あまっているのに 死にそうだ
        天にも父にも わたくしは
        大きな罪を 犯しました 」

        われに返って 父のみもとに
        罪にけがれた そのままで 帰りゆく

   B  「 おとうさん わたくしは
        天に対しても あなたにも
        罪を犯して しまいました
        あなたの子と 呼んでいただく
        資格は もはや ありません
        やといにんの ひとりとなして
        あなたのしもべに してください 」
   
        父はだきしめ 口づけをして
        悔い改めを 喜んで くださった

  ( 「 放蕩息子 」 レンブラント ・ 画 )
114.png
posted by ukon3 at 15:47| Comment(0) | 聖書 シリーズ

2014年07月05日

 これは ビックリ ! 【 赤髪の少女 】

● 2014.7.5 (土) 没後90年 近代日本洋画の巨匠 【 黒田清輝展 】 に、夫婦で
 出かけて行きました。 ( 会場 : 京都文化博物館 )

P1100812.jpg

・ 修業時代の 多くのデッサン ・ 刻明な 書簡 / 日記 / 写生帖 の数々 ・ 大作のための 多くの画稿や下絵 ━━ こうした下地があって初めて、それが 名画に結集されていくんだなあ、と思わされました。

・ 照子夫人をモデルにして描いた 「 湖畔 」  おだやかさ と きよらかさ

178.jpg

・ 一番見たいと思っていた 「 祈祷 」  敬虔さ と 他の人のために祈る愛

179.jpg

・ 「 編物をする女 」  家族のために、一針一針に込める愛

180.jpg

・ ビックリしたのは、「 赤毛のアン 」 を モデルにしたかのような 「 赤髪の少女 」

176 赤髪の少女.jpg

 ありがとう !  ごきげんよう !!  さようなら。
posted by ukon3 at 22:06| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2014年07月04日

 とまらない ・ やめられない 【 レ ・ ミゼラブル 】

● [ 思い出の一冊 ・ 思い出の一曲 ]

 私 ( 久保田 ) の [ 思い出の一冊 ] を挙げるとしたら、 【 レ ・ ミゼラブル ああ無情 】
でしょうか。

 ある時、「 そういえば、いろんな名作の物語を、児童向けの簡略本では 読んでいるけれど、もともとの 原作は読んでいないなあ。」 ━━ と思わされました。
 そこで、「 罪と罰 」 「 大地 」 「 トムおじさんの小屋 」 ・・・・・ などを読んでいきました。
 そして、ジャンバルジャン が主人公の 「 ああ無情 」

 翻訳の文章は、なかなか読みづらいです。特に大冊になるほど、書き出しの部分を読み進んでいくことは、苦痛に近いです。楽しくもありません。
「 ああ無情 」 も同様でしたけれど、忍耐しながら読み進めていきました。

 その大変な山を過ぎると、ガゼン 、楽しくなってきました。
 とまらなくなってきました。夜中を過ぎているのに、やめることが出来ません !
 このまま読んでいては、明日の仕事に影響する ! 大変なことになってしまう !!
 あと1章だけ読んで やめにしよう !!! ━━ でも、その1章を読み終わると、もう1章・・・ ということになって、夜中の3時になって、いよいよ これ以上読んでいては ダメだ !!!! と思って、ムリヤリに読むのをやめて 寝る ━━ という生活が、1週間くらい続きました。
 しんどい 1週間でした。

 でも、貴重な体験で、さすが 簡略本では経験できない感動が、原作本 ( 翻訳ですが ) には ありました。

 ミュージカル映画の 「 レ ・ ミゼラブル 」 も すばらしかったですが、ヴィクトル ・ ユーゴ が書きしるした原作本は、凛然と 輝いています !

les_miserables[1].jpg
posted by ukon3 at 17:39| Comment(0) | いろいろ (3)

2014年07月03日

 「 氷点 」 の 原点  創作ノート 見つかる


126055492597.jpg

● 作家 ・ 三浦綾子さんが残した 小説 「 氷点 」 の 創作ノートが、3冊あったことが 確認されたようですよ。

・ 「 氷点 」 は、1964年に、朝日新聞社 ・ 主催の 「 1千万円 懸賞小説 」 で、731作品の中から選ばれ、同年12月 〜 65年11月までの朝刊に 連載されました。

・ 原稿執筆前の ノートの背表紙には、「 小説 カゼ 」 と書かれていました。
・ 主人公の医師 ・ 辻口啓造は 「 國井信介 」、夏枝は 「 園子 」、養女 ・ 陽子は 「 直美 」 となっていました。 

  その他、いろいろ工夫 ・ 推敲されていった様子を知ることが出来ます。

※ この創作ノートは、「 三浦綾子 記念文学館 」( 北海道 旭川市 ) で、7月1日から
公開されていますヨ。
posted by ukon3 at 18:15| Comment(0) | いろいろ (3)

2014年07月02日

 憲法9条 解釈覆 ( くつがえ )す


201406302250[1].jpg

● 阿倍内閣は 7月1日夕の臨時閣議で、他国への攻撃に 自衛隊が反撃する 集団的
自衛権の行使を認めるために、憲法解釈を変える閣議決定をした。

※ 7月2日の 朝日新聞の見出しから

  憲法9条 解釈覆す
  集団的自衛権 閣議決定
  戦争参加 可能に
 「 強兵 」 への道 許されない
  首相強引 結論へ突進
  米「 歓迎する 」  外交戦略 米と ずれ

  危険はらむ 軍事優先  ねじ曲げられた 平和憲法
  周辺国との対立 更に刺激  専守防衛から 大きく転換
  なし崩し論理 戦前と同じ  抑止力 逆に低下する恐れ
  国会、歯止め役 担えるか  賛成大多数、民意と ずれ  
  公明代表、「 自衛の措置 」 強調

  この暴挙を超えて
  平和国家の重みを 失うのか
  72年政府見解と矛盾し 違憲
 「 非戦 」 の精神が守った 宝物
  9条 空洞化 「 敵 」 抱える国に  扇動する政治家  標的になる日本

  不戦 諦めない  暴走 認めない
  平和が崩される 今こそ声を  被爆 空襲 従軍 奪われた命
 「 戦前のような日本に戻すな 」  若者 「 ひとごとではない 」
 「 戦争を知らぬ政治家 危うい 」 「 危機を扇動しやすくする 」 「 行政の判断は 常に恣意的 」

 「 閣議決定 違憲 」 日弁連が声明

139891662565643023225_DSCF0280[1].jpg

 イエス ・ キリストは 言われました。
「 剣 ( つるぎ ) を もとに納めなさい。剣を取る者は みな剣で滅びます。」

   
 力による政治は、相手に、それにまさる力で対抗させることになり、結果的に、
双方が 平和を失い、滅んでいくことになります。

 相手を 大切にし ・ 理解し合い ・ 尊重し合い ・ 争うことのない関係を作っていくこと
こそ、政治家のなすべきことのはずです。

 キーワード は、力 ではなく、 「 愛 」 です。
 愛がないなら、何の値うちもありません。
 何の役にも立ちません。

 子ども達 や 孫たちのために、日本の国が ミスリード されていくことのないように、
祈っています !
posted by ukon3 at 20:05| Comment(0) | いろいろ (3)

2014年07月01日

 再び 【 紫蘇ジュース 】

● 前回 (6/19)、大束の赤紫蘇 ( 葉っぱだけにすると 400g ) を 980円で買ってきて、美しくて ・ おいしい 「 赤紫蘇ジュース 」 を作って、いろんな人たちにも飲んでもらって、残りは、わずかになってしまった。 「 ピリ辛 紫蘇ふりかけ 」 は 完食した。

 この時、妻に、980円は 「 高すぎる ! 」 と びっくりされてしまったが、今日 (7/1) 、近くのお百姓さんが売っている 赤紫蘇 ( 葉っぱだけにすると 800g ・ 前回の2倍 ) を、何と 300円 で買ってきて、プレゼント してくれた。
 前回のものと比べると、980円 × 2 = 1960円 分が 300円 だったわけで、妻が 「 高すぎる ! 」 と言ったわけが、よくわかった。 脱帽 !

「 もうすぐ (7/10) 誕生日だから、誕生日のお祝いにさせてもらおうかな ? 」 ━━ ということだったけど ・・・・・、300円の 誕生祝い ではネ。
 でも、採れたての ・ ツヤツヤした 赤紫蘇で、すばらしかった。

P1100804.JPG

 早速、「 紫蘇ジュース 作り 」 をすることにして、前回の2倍分の 3リットル の おいしそうな 「 紫蘇ジュース 」 が 出来上がりましたヨ !

P1100808.JPG

 金曜日 (7/4) の 「 識字教室 」 で、みんなにも 飲んでいただくことにしようかな ?