2014年07月02日

 憲法9条 解釈覆 ( くつがえ )す


201406302250[1].jpg

● 阿倍内閣は 7月1日夕の臨時閣議で、他国への攻撃に 自衛隊が反撃する 集団的
自衛権の行使を認めるために、憲法解釈を変える閣議決定をした。

※ 7月2日の 朝日新聞の見出しから

  憲法9条 解釈覆す
  集団的自衛権 閣議決定
  戦争参加 可能に
 「 強兵 」 への道 許されない
  首相強引 結論へ突進
  米「 歓迎する 」  外交戦略 米と ずれ

  危険はらむ 軍事優先  ねじ曲げられた 平和憲法
  周辺国との対立 更に刺激  専守防衛から 大きく転換
  なし崩し論理 戦前と同じ  抑止力 逆に低下する恐れ
  国会、歯止め役 担えるか  賛成大多数、民意と ずれ  
  公明代表、「 自衛の措置 」 強調

  この暴挙を超えて
  平和国家の重みを 失うのか
  72年政府見解と矛盾し 違憲
 「 非戦 」 の精神が守った 宝物
  9条 空洞化 「 敵 」 抱える国に  扇動する政治家  標的になる日本

  不戦 諦めない  暴走 認めない
  平和が崩される 今こそ声を  被爆 空襲 従軍 奪われた命
 「 戦前のような日本に戻すな 」  若者 「 ひとごとではない 」
 「 戦争を知らぬ政治家 危うい 」 「 危機を扇動しやすくする 」 「 行政の判断は 常に恣意的 」

 「 閣議決定 違憲 」 日弁連が声明

139891662565643023225_DSCF0280[1].jpg

 イエス ・ キリストは 言われました。
「 剣 ( つるぎ ) を もとに納めなさい。剣を取る者は みな剣で滅びます。」

   
 力による政治は、相手に、それにまさる力で対抗させることになり、結果的に、
双方が 平和を失い、滅んでいくことになります。

 相手を 大切にし ・ 理解し合い ・ 尊重し合い ・ 争うことのない関係を作っていくこと
こそ、政治家のなすべきことのはずです。

 キーワード は、力 ではなく、 「 愛 」 です。
 愛がないなら、何の値うちもありません。
 何の役にも立ちません。

 子ども達 や 孫たちのために、日本の国が ミスリード されていくことのないように、
祈っています !
posted by ukon3 at 20:05| Comment(0) | いろいろ (3)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: