2013年12月25日

天皇陛下 傘寿 おめでとう ございます !

● 12月23日(月) は、「天皇誕生日」 でしたよネ。
 天皇陛下は 23日、傘寿となる80歳の誕生日を迎えられました。
 おめでとう ございます !

〈 80年の歩みを 振り返って 〉
 最も印象に残った出来事は、先の戦争。前途に夢を持った多くの人々が、若くして命を失ったことは本当に痛ましい。

 天皇という立場は、孤独とも思えるものだが、結婚により、私が大切にしたいと思うものを、共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。

 語らひを 重ねゆきつつ 気がつきぬ われのこころに 開きたる窓 ━━ 婚約内定後に詠んだ歌ですが、結婚によって開かれた窓から、私は多くのものを吸収し、今日の自分を作っていったことを感じます。

 これからも、被災者のことを思いつつ、国民みなの幸せを願って過ごしていくつもりです。

● 聖書でも、次のように記し、勧めていますよ。
「 すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、
とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。
 それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。
 そうすることは、私たちの救い主である神の御前(みまえ)において良いことであり、喜ばれることなのです。
 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」
                        (テモテ 第一 2:1−4 )

 天皇陛下御夫妻 ・ 皇太子御夫妻 ・ 安倍首相 ・ 松井大阪府知事 ・ 浜田高槻市長 ・・・・・ などのために、祈っているんですよ。

 こうした人たちが、真におそれるべきものをおそれる心をもって、又、人々(国民) に権力を振りかざすのではなく 仕える心をもって、正しくリードしていくことが出来ますように。
 日本の国を、ミス・リードすることが ありませんように。 国防のこと、憲法のこと、原発のこと ・・・・・

 年齢の 別の言い方
 20歳 弱冠 (じゃっかん ・ 男) 「二十を弱と云ひ 冠す」 (礼記)
 30  而立 (じりつ)  「三十にして立つ」 (論語)
 40  不惑        「四十にして惑わず」 (論語)
 50  天命        「五十にして天命を知る」 (論語)
 60  還暦   干支(えと)が一巡して、60年で生まれた年と同じ干支に戻るため
 70  古希        「人生七十 古来稀(まれ)なり」 (杜甫)
 80   傘寿 (さんじゅ)   傘の異体字が、4つのメがない形で、八十になるため
 90   卒寿 (そつじゅ)   卒の異体字が、卆で、九十になるため
100以上 上寿
120  大還暦

 77  喜寿        喜の草書体が、七十七になるため
 88  米寿        米が、分解すると、八十八になるため
 99  白寿        白が、百に一 足りない形になるため

傘寿.jpg
posted by ukon3 at 21:39| Comment(0) | いろいろ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: