2014年06月30日

 私の [ 思い出の一曲 ]   【 七つの子 】

●  [ 思い出の一冊 ・ 思い出の一曲 ]

 私 ( 久保田 ) の [ 思い出の一曲 ] は、「 七つの子 」 ( 野口雨情 作詞 / 本居長世
作曲 ) です。

 今から60年以上前、小学校5年生の時だったと思いますが、当時、日曜日の NHK ラジオの番組に、[ 声くらべ 腕くらべ 子供音楽会 ] という 生放送の番組がありました。
 子ども達が 歌ったり、楽器を演奏したりして、見事 合格したら 鐘連打、残念賞は 鐘2つ という音楽番組でした。

 母が、私のことを、これに応募して、予選 ・ 本選の通知が来たのです。
 当日、早めに NHK の放送局に行って、予選があり、合格した者だけが、同時放送の 本番に出ることが出来るのです。

 母が、私のことを、 “ NHK のラジオ放送に出る ” と 口にしてしまったものですから、
さあ 大変 !
 学校のみんなは、楽しみにして、ラジオの放送を 待ってくれていたようです。
 でも、私が 直前の 予選に合格しなければ、本番には出られないのです。

 幸いにも、予選をクリアして、本放送のトップに 登場することが出来ましたが ・・・・・
 結果は、鐘2つでした。

 その時 歌ったのが、 【 七つの子 】 だったのです。

a0118411_21351820[1].jpg
posted by ukon3 at 21:59| Comment(0) | いろいろ

2013年12月26日

石綿禍 細る命の 訴え

  泉南訴訟 第2陣 控訴審 判決 「 国に責任 」

※ 私も、無二の 教会の信仰の友を、 「石綿 胸膜中皮腫」 で 亡くしています !

( 2013.12.26 朝日新聞より )
 大阪・泉南のアスベスト(石綿) 健康被害をめぐる集団訴訟の第2陣の控訴審判決が25日、大阪高裁であった。
 山下郁夫裁判長は、一審に続き国の規制の不備を認め、石綿関連工場の元従業員ら被害者33人のうち31人に、計約3億4千万円を支払うよう国に命じた。
 粉じん濃度規制の義務づけが遅すぎたことを、初めて国の責任と認めるなど、救済範囲を拡大。国の不作為は 「著しく合理性を欠き 違法だ」 と結論づけた。

 国のアスベスト(石綿) 規制は、後手後手にまわり、健康被害をもたらした ━━ 。
 判決は、国がやるべきことを怠った 「不作為」 の数々を列挙し、厳しく責任を指摘した。

 石綿の被害は、発症までの潜伏期間が長く、高度経済成長期の 「負の遺産」 が今になって表面化している。
 泉南訴訟の被害者の半数以上が既に亡くなり、高齢化した生存原告も、重い病気に苦しんでいる。
 国は、早期解決を求める原告らの声に、耳を傾けるべきだ。

● 石綿と健康被害
 石綿は、安価なうえ、耐火性や断熱性に優れていたことから、高度成長期の1960年代に輸入が増え、建材などに利用された。
 体内に吸収すると、繊維が肺などに刺さり、中皮腫や肺がん、石綿肺など呼吸器系の疾病を引き起こす。
 潜伏期間は長くて数十年で、「静かな時限爆弾」 とも呼ばれる。
 2012年に、中皮腫で死亡した人は1400人。10年前の1.7倍に上がっている。

アスベスト.jpg
posted by ukon3 at 18:05| Comment(0) | いろいろ

2013年12月25日

天皇陛下 傘寿 おめでとう ございます !

● 12月23日(月) は、「天皇誕生日」 でしたよネ。
 天皇陛下は 23日、傘寿となる80歳の誕生日を迎えられました。
 おめでとう ございます !

〈 80年の歩みを 振り返って 〉
 最も印象に残った出来事は、先の戦争。前途に夢を持った多くの人々が、若くして命を失ったことは本当に痛ましい。

 天皇という立場は、孤独とも思えるものだが、結婚により、私が大切にしたいと思うものを、共に大切に思ってくれる伴侶を得ました。

 語らひを 重ねゆきつつ 気がつきぬ われのこころに 開きたる窓 ━━ 婚約内定後に詠んだ歌ですが、結婚によって開かれた窓から、私は多くのものを吸収し、今日の自分を作っていったことを感じます。

 これからも、被災者のことを思いつつ、国民みなの幸せを願って過ごしていくつもりです。

● 聖書でも、次のように記し、勧めていますよ。
「 すべての人のために、また王とすべての高い地位にある人たちのために願い、祈り、
とりなし、感謝がささげられるようにしなさい。
 それは、私たちが敬虔に、また、威厳をもって、平安で静かな一生を過ごすためです。
 そうすることは、私たちの救い主である神の御前(みまえ)において良いことであり、喜ばれることなのです。
 神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」
                        (テモテ 第一 2:1−4 )

 天皇陛下御夫妻 ・ 皇太子御夫妻 ・ 安倍首相 ・ 松井大阪府知事 ・ 浜田高槻市長 ・・・・・ などのために、祈っているんですよ。

 こうした人たちが、真におそれるべきものをおそれる心をもって、又、人々(国民) に権力を振りかざすのではなく 仕える心をもって、正しくリードしていくことが出来ますように。
 日本の国を、ミス・リードすることが ありませんように。 国防のこと、憲法のこと、原発のこと ・・・・・

 年齢の 別の言い方
 20歳 弱冠 (じゃっかん ・ 男) 「二十を弱と云ひ 冠す」 (礼記)
 30  而立 (じりつ)  「三十にして立つ」 (論語)
 40  不惑        「四十にして惑わず」 (論語)
 50  天命        「五十にして天命を知る」 (論語)
 60  還暦   干支(えと)が一巡して、60年で生まれた年と同じ干支に戻るため
 70  古希        「人生七十 古来稀(まれ)なり」 (杜甫)
 80   傘寿 (さんじゅ)   傘の異体字が、4つのメがない形で、八十になるため
 90   卒寿 (そつじゅ)   卒の異体字が、卆で、九十になるため
100以上 上寿
120  大還暦

 77  喜寿        喜の草書体が、七十七になるため
 88  米寿        米が、分解すると、八十八になるため
 99  白寿        白が、百に一 足りない形になるため

傘寿.jpg
posted by ukon3 at 21:39| Comment(0) | いろいろ

2013年12月18日

映画 「 白い 巨塔 」

● 田宮二郎 主演 「 白い 巨塔 」 を見てみたくて、図書館で ビデオ を借りてきて、夫婦で見ましたよ !

・ 1963年(昭和38)「サンデー毎日」 に連載され、社会に大きな波紋を投げかけた、山崎豊子の小説を、「砂の器」 の橋本忍が脚色し、社会派監督として名高い山本薩夫が挑んだ問題作。
 1966年度の各種の映画賞の、作品賞 ・ 監督賞 ・ 脚本賞に輝き、大病院の権威をさす “ 白い巨塔 ” という言葉は、当時の流行語にもなりました。

田宮二郎.jpg

・ そびえたつ白い巨塔の内部で何が起こったのか !? 
  欲望に狂う人間医師を、田宮二郎が迫真の演技で迫る、戦慄の ヒューマンドラマ。

・ 財前五郎 (浪速大学医学部 第一外科 助教授) : 田宮二郎
  里見脩二 (   同       第一内科 助教授) : 田村高廣
  
  名 共演者に 東野英治郎 ・ 岸輝子 ・ 藤村志保 ・ 小沢栄太郎 ・ 石山健二郎 ・
            加藤嘉 ・ 小川真由美 ・ 滝沢修 ・・・・・ 等 続々

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E3%81%84%E5%B7%A8%E5%A1%94_(%E6%98%A0%E7%94%BB)

http://blogs.yahoo.co.jp/mhkamenao1959/3507653.html

● 日本全国に 轟然たる反響を呼ぶ 問題の巨篇 ! 「 白い 巨塔 」
   謀略が渦巻き
     欲望がおどる
       日本医学界の 驚くべき内幕 !

  誤診という名の殺人 !
    患者の生命より 名誉と権威が優先する !

  英雄か 偽善者か
    白衣にかくされた 欲望の炎 !

  誤診裁判の 法廷に展開される
    医師と 遺族の 対決 !

 http://www.youtube.com/watch?v=n87pI52LN90

 http://www.youtube.com/watch?v=o6AR8RZaIWg

田宮二郎ー2.jpg

田宮二郎ー3.jpg
posted by ukon3 at 19:35| Comment(0) | いろいろ

2013年12月12日

朝の あいさつ 「 愛してるぜ ! 」

● 乙武 洋匡 (おとたけ ひろただ) さんのお父さんは、1級建築士で、
大手建築会社のサラリーマンでした。
 戦時中の 昭和16年生まれ (1941年、私・久保田と同じ年)。

 朝は 開口一番、洋匡さんに、
  「 おはよう。 今日も 愛してるぜ。」

 本当に、愛されている実感があったそうです。
 洋匡さんが 結婚されて、1ヵ月半後に亡くなられました。

 この、朝のあいさつ ━━  これは、いただき ! と思いました。

 朝、起きてきて、妻に 「 おはよう 」 だけでは、型どおりだし ・・・・・ 。
 ふだん、妻に、 「 愛してるよ ! 」 と言うのも、いいづらいし ・・・・・ 。

 この2つを合わせて、 妻への 朝のあいさつ。
  「 おはよう。 愛してるぜ ! 」

 妻 「 サンキュー。 でも、誰にでも 言わないでよ ! 」

TKY201009120129[1].jpg
posted by ukon3 at 16:22| Comment(0) | いろいろ

2013年12月10日

● 原発 容認 ・ 推進派の あなたへ

 原発を容認 ・ 推進していくためには、巨大な費用がかかります。電力会社だけで、対応出来るものではありません。
 国の税金を使うか、電気代を負担していくしかありませんが、それも、私たちが生きている間だけの問題ではありません。子どもや孫たち ・ 子々孫々にまで負担を強いていくほどのものです。

 使用済み核燃料 ・ 及び 再処理に伴って生じる 高レベル放射性廃棄物の処分のために、巨大な費用がかかります。
 巨額の費用がかかる前に、最終処分の計画 ・ 実施が出来ていません。

 小泉純一郎 元首相が指摘しているように、「トイレのない マンション」 の状態で、 “ 核のゴミ ” がどんどん貯められていって、行き場のないまま、現在2万8千トン(ウラン重量) にもなっていて、各原子力発電所とも、限界に近づいてきています。

「使用済み核燃料」 といいますのは、原子炉で大体3年間燃やしたあと、取り出した燃料棒のことです。
 ウラン ・ プルトニウムを大量に含む 高レベル放射性廃棄物です。その危険性と処理の困難さのため、その処理が世界的な問題となっています。

 現在、行き場がないまま、各原子力発電所の 「貯蔵プール」 に貯えられている 使用済み核燃料(核のゴミ) は、2万8千トンにもなっています。
 原発を再稼働すれば、この量は、年に約1000トンずつ、今後も増え続けていくことになるのです。

 一体、どうするつもりなのでしょうか。
 私たちも、真剣に、考えたいと思います。

  [ 処理の方法 ]
@ 青森県六ヶ所村にある再処理工場で(連続してトラブルを起こしています)、ウラン ・ プルトニウム酸化物と、高レベル核廃棄物に分離して、廃棄物の方のプルトニウムを除去したものを、どこか、300m地下の地層に処分します。

 しかし、この工場の再処理能力は、年間800トン程度ですので、現在の2万8千トンの核廃棄物を処理するだけでも、35年はかかります。
 又、たとえ、再処理が出来ても、その廃棄物の 最終処分地は、必要になってきます。

 それだけでは ありません。
 この時分離された、残りの方の酸化物は、りっぱな核燃料に生まれ変わってしまうのです。核兵器に転用することが、容易に可能なのです。

 さあ、どうしますか ?

A もう一つの 無責任な方法は、プルトニウムを除去するという再処理をしないで、そのまま頑丈な容器に入れて、地中深く埋めるという方法です。

 プルトニウムは、半減期だけで2万4千年もかかるのです。
 その間(かん)に、容器が退化したり・地層に変動があったりして、中のプルトニウムが外にもれるようなことになれば、もう、どうしようもありません。

 私たちだけではなく、1万年先の子々孫々にまで、費用だけでなく、危険な負債を負わせていくことになるのですよ !

※※ 更に もう一つのこと
 使用を終えた原発の 「廃炉」 のために、巨大な費用がかかります。

 これも又、電力会社だけで対応出来るものではありません。国の税金で補填するか、電気代を上げて、利用者が負担していくしかありません。
 このことも又、私たちが生きている間だけの問題ではありませんよ。子々孫々にまで、負担を強いていくことになります。

  ━ イギリスの トラウスフィニス原発の、小型炉の場合 ━
@ 2年間かけて、原子炉内の燃料棒を取り出す。
A 3年間かけて、汚染を取り除く作業をする。
B 原子炉の周りを、コンクリートで固めて、原発建屋の中で60年間、長期保管・管理す
  る。
C 使用済み燃料プールの、底の汚泥を取り除き、コンクリート壁を削り取る。
  出来てきた放射性廃棄物を、1辺3mの箱型のコンクリートケースに入れ、敷地内の巨
  大保管施設に、やはり60年間、長期保管・管理する。
D その後、建物を壊して原子炉を取り出す。
  更地にするのに30年。(2083年の予定)

 ※ 敷地内外で、1千人近くが働く。
   廃炉作業には、90年ほどかかる。
   総費用は、約1340億円。

 ※ これは、小型炉での廃炉の例でしたが、別のセラフィールド地区での 廃炉 ・ 除染に
   は、全体で、約3.95兆円かかる予定。 (作業が終わるのは、2120年)

 日本では、民間の電力会社が、建設から運転・廃炉まで対応する仕組みになっていますが、廃炉は、予想以上に大変なことで、複雑であり、巨額の費用がかかるのです。


 ●  使用済み核燃料 (核のゴミ) の処分 / 廃炉 のことを考えない
       原発 容認 ・ 推進は、ありえません !!!


 ( 2013.12.5 ネルソン ・ マンデラ 氏 逝去 95歳 )
マンデラ.jpg
posted by ukon3 at 15:39| Comment(0) | いろいろ

2013年12月09日

■ 「 2013 新語 ・ 流行語 大賞 」


● 今年(2013年) の世相を映した言葉を選ぶ 「 新語 ・ 流行語 大賞 」 に、初めて、
4語が同時に選ばれましたよネ。

 ・ 「 じぇじぇじぇ 」 (NHK 朝の連続テレビ小説 「あまちゃん」)
 ・ 「 今でしょ ! 」 (予備校 講師 ・ 林 修さん)
 ・ 「 お ・ も ・ て ・ な ・ し 」 (滝川クリステルさん)
 ・ 「 倍返し 」 (テレビドラマ 「半沢直樹」)

 ━━ これらの言葉を、聖書のことばと照らし合わせてみますと ・・・・・

● 「 じぇ じぇ じぇ 」
 驚きのことばですよネ。言葉に表せないほどの 驚き !
 あの有名な 「Amazing Grace 」(アメージング グレイス) の賛美歌。
 Amazing (驚くべき) Grace (神の恵み)。

 ━━ 驚くべき 神さまの恵み。言葉で言い表そうとしても、どこか違う。ぴったりしない。
 まさに、「Amazing 」としか言いようがない、「じぇじぇじぇ」 としか言いようがない、心の叫びの言葉だと思います。

「ことばに表せないほどの賜物のゆえに、神に感謝します。」  (コリント第二 9:15)

● 「 今でしょ ! 」 
 これには、まさにピッタリのことばが、聖書にありますよ。

「確かに、今は 恵みの時、今は 救いの日です。」  (コリント第二 6:2)

「又 いつか」 と言う者に、「いつか」 の日は、おそらく・間違いなく、ありません。
 毎日毎日・一日一日は、今の時の積み重ねです。今の時を、いい加減にしていて、充実した一日はありえません。充実した一年もありえません。

 やるべきことを先のばしにしても、明日には明日で、やるべきことがあるのです。
 そのような中で、「やろう!」 という心の状態にまで、再び気持ちを持っていくためには、今の時以上のエネルギーと時間が必要になります。

 ━━ そして、結局は、何やかやと理由をつけて、何もしないで終わってしまうことになります。
 そういった、出来なかったものの積み重ねの人生が、充実した人生であるはずがありませんよネ !

● 「 お ・ も ・ て ・ な ・ し 」
 これは、まさに、主なる神やキリスト教の本質に関わることです。

 神は 愛です。そして、キリスト教の本質も 愛です。
 天地万物を創造し、私たちを造り・生命を与えてくださった 主なる神を愛し、その同じ愛の心をもって、すぐそばにいる隣人(となりびと)を愛していくのです。

 400年前のキリシタン達は、当時、愛という言葉が違った意味で使われていましたので、「ご大切」 「大切に思う」 ━━ という言葉に訳して、実践していきましたよ。

 相手を 大切にして・大切に思って、相手をキリストだと思って、妻(夫)を・家族を、親族・知人・友人・同僚 ・・・・・ すべての人を 愛していくのです。「お・も・て・な・し」 していくのです。

 愛がないなら、いかなる 「お・も・て・な・し」 も、何の値うちもありません。何の役にも立ちません。

● 「 倍返し 」 
 やられたら やり返す。倍にして 返す ━━ というのは、聖書の世界ではありません。

 私たちに与えられた、主なる神や人々からの愛に対しては、「倍返し」 すべきでしょうが、やられたらやり返す・倍にして返す ━━ というのは、「愛」 から出ている行為ではありません。
 やり返された方も、又、「倍返し」(倍の倍で、4倍)。又、それの「倍返し」(8倍) ・・・・・
敵意と争いが果てしなく続くか、力ずくで相手を押えこんで、何か解決したように見えるだけのことです。
 やられた方は、いつまでも、心の底に、憎しみ・敵意を温存させています。
 「いつか、きっと !」

 主イエス・キリストは、言われます。
「赦しなさい。七度を七十倍するまで、赦しなさい。
 自分の敵(と思っている人) を愛し、その人のために祈りなさい。
 あなたも、神に対していっぱい罪を犯していて、それらの罪を赦していただいているの
だから、その人を赦しなさい。」

 主イエス・キリストは、「敵意」 を廃棄された方です。
「敵意」 は、十字架によって葬り去られました。

 その人を敵だとは思わず、その人を愛していくのです。

「愛する人たち。自分で 復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。
 『 復讐は わたしのすることである。わたしが報いをする。』
 と、主は言われます。」    (ローマ 12:19)

 悪しきこと・理不尽なことに対して、復讐・報復するのは、「審判主(さばきぬし)」 で
あられる主なる神様のお仕事です。
 あなたが、さばき主になってしまうと、必ず、間違いをおかしてしまいます。

 ━━ とは言っても、「審判主」 であられる 主なる神を信じていない人にとっては、自分
の力で・他人の力も借りて、「倍返し」 するしかないか ?!
 でも、結果は、真の解決どころか、ますます泥沼に落ち込んでいくことになるとは思いますが ・・・・・ 。

 http://www.youtube.com/watch?v=uVVLkgrn7CM

おもてなし.jpg

posted by ukon3 at 15:34| Comment(0) | いろいろ

2013年12月07日

「 秘密保護法 強行成立 」 げぇげぇげぇ 〜〜〜

  ※ 2013.12.7(土) 朝日新聞より

 秘密保護法が成立

 自公強行 参院で可決
   知る権利 損なう恐れ


 欠陥法案 数で突破
   野党、一丸になれず
    「第三者機関」 土壇場の乱造

 異議あり 強権的手法 政治不信残す

 議事録さえ作れぬ政治
 怒号飛び交う 欠陥審議

 ( 社説 ) 憲法を骨抜きにする愚挙

 ( 声 )  秘密保護法で秘密体制完成
       秘密保護法成立 憲法破壊だ
       政権与党の醜態 我々の責任
       知らぬ間に 罪背負わす法律

 ( 戦中派の警鐘 )  おごり 忘れない
              やれることある
              軍へ反対 「スパイ扱い」
              国民同士 監視 怖い

 民の目ふさぐな  やまぬ怒り 

   法律廃止へ 「活動 始めよう」
     「数の暴走」 各地で抗議  東京 名古屋 大阪 広島

秘密.jpg
posted by ukon3 at 11:29| Comment(0) | いろいろ

2013年12月06日

国史跡 【 今城塚古墳 】

● わが 「 山右近研究室 ・ 久保田 」 の2階の窓から見える林が、わが家の庭ともいうべき 【 今城塚古墳 】 なんですよ。

今城塚.jpg

 今城塚古墳は、6世紀前半に築かれた、二重の濠をそなえる、淀川流域最大の前方後円墳です。
 学術的には、継体天皇(聖徳太子の直系の曽祖父) の真の陵墓と言われています。
 実質の天皇陵で、自由に出入り出来る唯一の古墳なんですよ。
  ※ 宮内庁が管理している継体天皇陵は、少し離れた所にある 「太田茶臼山古墳」 の
     方です。

今城塚ー2.jpg

「 今城 」 の名前の如く、戦国時代には、城砦として使用されていたようです。
 芥川城にいた三好氏を、織田信長が攻めた時にも、城として用いられたと考えられています。

「 慶長伏見大地震 」 によると思われる地形の変化も、観察することが出来ましたよ。

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi_kanko/rekishi/rekishikan/daio/kodairekishikan/imashirozukakofun/1327496276409.html

http://www.city.takatsuki.osaka.jp/rekishi_kanko/rekishi/rekishikan/daio/kodairekishikan/imashirozukakofun/1327498932196.html

今城塚ー3.jpg
posted by ukon3 at 11:00| Comment(0) | いろいろ

2013年12月05日

「 声 」 投稿 謝礼

● 2013.11.20(水)の朝日新聞 「Voice 声」 欄に、「 誰かを愛すること 考えた 」
文章を掲載していただきましたが、朝日新聞社から、「声」 投稿謝礼として、「図書券」(3000円) を送ってきていただきましたよ。

 妻も半分、関係している内容の文章でしたので、謹んで、妻にプレゼントさせていただきました。

謝礼.jpg
posted by ukon3 at 15:05| Comment(0) | いろいろ