2013年08月03日

阿武山福音自由教会 ・ 礼拝での「はじめの祈り」

● アーメン。
 賛美と栄光と、知恵と感謝と、誉れと、力と勢いが、永遠に、私たちの神にありますように。

 父・子・聖霊、主なる神さま。
 あなたのみわざは偉大であり、驚くべきものです。
 万物の支配者である神よ。あなたの道は正しく、真実です。

 主よ。ただあなただけが、聖なるお方です。すべての国々の民は来て、あなたの御前にひれ伏します。

 今日、あなたが設けてくださった主の日・安息日。あなたを、霊とまこととをもって礼拝する日。
 今日一日、全世界の、あらゆる所で、あなたを愛し、あなたへの畏れの心をもって、礼拝がささげられますことを感謝します。
 私たちも、この阿武山の地で、あなたを礼拝できますことを、感謝します。

 私たちの主イエス・キリストによる、あがないのみわざによって救われ、主にあって兄弟姉妹とされ、神の家族の中に加えてくださったお一人お一人と共に、あなたを礼拝できますことを感謝します。

 2、3人以上のものが、あなたの名によって集っている、あなたの家・この場所に、みことばの約束の通り、「インマヌエル」 父・子・聖霊、主がご臨在してくださっていますことを、感謝します。
 今、父・子・聖霊、主が、この所を聖別し、臨在くださっていますことを、私たち一人一人が実感することが出来ますように、導いてください。

 又、私たちを宮として、内住(ないじゅう)しておってくださり、すべてを導いておってくださるキリストの霊・聖霊を、実感することが出来ますように、導いてください。
「ご聖霊に満たされる」ということを、実感することが出来ますように、導いてください。

「信じる者は、神の栄光を見る」とおっしゃった、その神の栄光を、今朝のこの礼拝の時を通して、私たちに見させてください。

 父・子・聖霊、あなたの臨在を感謝します。

 内住しておってくださる聖霊の導きをいただいて、子なる神イエス・キリストの御名によって、天の御座にまします父なる神さまに、この祈りをおささげいたします。     アーメン

465.jpg
posted by ukon3 at 15:55| Comment(0) | いろいろ

2013年08月02日

I Love リコーダー

recorder.jpg

 写真にうつっていますのは、わが家のリビング兼食堂に、常時、立ててある楽譜スタンドです。
 スタンドにのっていますのは、「My リコーダー用の楽譜」です。
 私のお気に入りの曲だけを厳選して、ソプラノリコーダー用に移調したもの・いわば、私のレパートリー曲で、456曲ほどありますよ。

 愛用しているリコーダーは、特別なものではありません。全国の小学校で、3年生以上の子ども達が使用している、1000円ほどのプラスチック・リコーダーです。

 このリコーダー(たて笛)という楽器・学校の音楽教材としてのリコーダーは、とっても悲しい・哀しい楽器です。子ども達には、学校卒業と同時に、どこかにしまいこまれてしまうか・捨てられてしまいます。
 ムリもないかもしれません。彼らには、これは、楽器だったのではなく、勉強道具だったのですから。
 学校では、大体は、みんなで同じメロディーを、一斉に吹きますから、基本的にはソロ楽器なのに、ソロの喜びを味わわないまま終わってしまっています。

・ リコーダーは、歌うように吹くだけで音が生まれ、音楽的な表現ができます。
 声では出せない高い音も、美しく歌えます(出せます)。年齢とともに、だんだん高い音が出にくくなってきますが、リコーダーでは歌えます。

・ リコーダーは、特別な空間も・人手も・費用もかからずに、しかも、受け手としてでなく、感動を発信する側・音楽を生み出していく側の喜びを体験できます。

・ リコーダーは、手軽に持ち運びが出来、いろんな場所で演奏できます。
 旅行に行く時だって、持っていって、いつもと違う場所での演奏を楽しんだり、違った響きを味わったりすることが出来ます。

・ リコーダーは、音量があまり大きくなく、他の人にも迷惑をかけません。
 ぬくもりのある音。素朴で、なつかしい響き。
 リコーダーは、日本の曲・外国の曲・童謡・唱歌・歌謡曲・歌曲・民謡・賛美歌・宗教曲・・・・・など、どんな曲にもよく合いますよ!

 どこからか、音楽(リコーダー)が聞こえてくる。 ━━ そんな生活・そんな社会・そんな国であってほしいなあ!!!
posted by ukon3 at 16:09| Comment(0) | いろいろ

2013年08月01日

〈 裸 〉 特に 〈 女性の裸 〉 花ざかり

● 世の中、〈裸〉特に〈女性の裸〉についての画像・映像・文学作品などが、花ざかりである。

「聖書」によれば、『天地創造』の時点では、最初の人間は “裸” だったけれど、人の心に “罪” (原罪)が入ってからは、他人の裸の姿を、罪の心と関係なしに見ることが出来ないようになってしまった。
 ━ それで、主なる神は人に、“裸を恥ずかしいと思う心” と “裸をおおう着物” を与えられた。

 主なる神に敵対するサタン(悪魔)は、何とかして、人の心を神から離そうと、魅力的な〈裸〉の姿を通して働きかけてきて、支配下におこうとしてくる、ということを知っておくことは、大切な〈知恵〉である。

〈裸〉は、その一部分も含めて、ほかの人に見せるべきものではないし、ほかの人の〈裸〉の姿に興味をもって、見るべきものではない。    如何?

( 右近像とトンボ by Ukon )
トンボ.jpg
posted by ukon3 at 16:32| Comment(0) | いろいろ

2013年07月31日

【 現代のおとぎ話 】

● おどかすわけではありませんが・・・・・ 

“独居” いろいろな理由で、一人住まいをされている方が 増えていますが、何かがあった時、 “だれが、いつ、どのような形で” 駆けつけて来てくれ、家の中に入っ てくれ、見つけてくれ、助けてくれるのか。
 そのための手立てはなされているのか ━━ 考えておいた方が いいのではないでしょうか? 

● 【現代のおとぎ話】
 一人暮らしをしていた人が、亡くなった。
 一つ一つ、その人にとって大事なものに囲まれて生活していたのだけれど・・・・・ 同じく、物がいっぱいのきょうだい達にも、引き取るほどの物はない。

 結局、業者 にたのんで、いっさいを[ゴミ]として、処分してもらったとさ。

( 右近像とセミ by Ukon )
せみ.jpg
posted by ukon3 at 19:33| Comment(0) | いろいろ

2013年07月30日

最近の 【 口ぐせの言葉 】

 ・ まっかせなさ〜い!  まっかせました!
 ・ じゃまくさがっては いけない。 (手をぬいては いけない)
 ・ 今すぐ行動 (あとから・いつかではなく)
   すぐやる人が好き!

 ・ 私は完璧主義者 (完璧な人間は、いないけれど)
 ・ 私は定刻主義者
 ・ こういうことは、いきおいでやってしまわないと!

 ・ 美しく食べる・美しく歩く・美しく・・・・生きる
 ・ 男も料理 男も自立  何か料理!
 ・ このことをやり終えるまでは、他のことをしない!

 ・ ライフワーク(山右近研究) 以外のことは、今で十分!
 ・ 右近専心 日々に右近を思いおり

 ・ 何かやってほしいことある? (妻に)
 ・ 私があとになって、ちゃんと介護するから安心して!

 ・ Simple Straight Spiritual
 ・ へりくだりつつ、忠実に
 ・ Hallelujah Amen Immanuel !

 ・ キリストの平安 !
 ・ 神さまと いつもいっしょ!
 ・ クリスチャンは がんばらない!
 
 ・ 生きるとは 春夏秋冬 祈ること
 ・ 内住の聖霊 (ただ「聖霊」でなく)
   父・子・聖霊 主なる神 (ただ「神」でなく)
 ・ 信じる者は 神の栄光を見る!

 ・ じぇじぇじぇ〜〜〜〜〜!

( あじさい by 描き人知らず )
IMG_01ajisai.jpg
posted by ukon3 at 15:18| Comment(0) | いろいろ

2013年07月16日

「オスタップ」 って、何!?

● 私たちの教会・阿武山(あぶやま)福音自由教会の中村弘(ひろむ)兄は、現在86歳。
 4年前(2009年)11月に、洗礼を受けられました。第二次世界大戦中の、日本海軍を経験されています。

 日本の海軍は、イギリスを手本にしてつくられましたので、英語がそのまま、いろんなところで使われていました。今の “パソコン用語” と似ていますよね。

 艦船の甲板をモップで洗うための、海水を入れておく大きな容器は 「オス タップ」 と言われていて、なんの疑問もなく、日常的に、「オス タップ」 「オス タップ」と言っていました。

 戦争が終わって、同志社大学で「英語」を勉強していた時、“washtub” という単語が出てきました。“ウォッシュ・タブ” ? “ウォッシュ・タップ” ? “オス・タップ” ? “オス タップ”
 なんだ! そうだったんだ!! “オス タップ” と言っていたのは、“washtub” (洗い桶)のことだったんだ! 納得!!でした。

 400年前の、キリシタン時代の宣教師たちも・キリシタン達も、それぞれ日本語を・ポルトガル語を、苦労しながら、取り入れ、理解しようとしていったことを思わされました

( 聖書のある静物 by ゴッホ )
416 聖書のある静物・ゴッホ.jpg
posted by ukon3 at 11:01| Comment(1) | いろいろ

2013年07月14日

7月10日は、何の日?

● 7月10日は、何の日でしょうか?
 「納豆の日!」 う〜〜〜ん、それもそうなんだけれど・・・・・。
 実は、私(久保田 Ukon 典彦)の誕生日なんですよ。

 毎月第2日曜日の、教会(阿武山福音自由教会)の礼拝の時に、「誕生会」がもたれていますが、7/14に「7月の誕生会」がもたれ、お祝いしていただきました。

 その時の、ひとことの挨拶のことばです。

『 ふだんから、“ 年齢のことをいろいろ話題にしない ” ことを、主義にしているのですが、今日は、「誕生会」ですので、言いますが、72歳になりました。

 聖書で言いますと、「私たちの齢(よわい)は七十年」(詩篇 90篇10節) 70歳が平均寿命ということですが、これは過ぎました。そうしたら、今の72歳はどういうことになるかと言いますと、「健やかであっても八十年」とありますから、健康でおらせていただいていますので、今の年齢をすごさせていただいているのだ、ということになります。

「八十年以上」の年齢の方々は、どういうことになるのかと言うと、これは、神さまからの特別も特別・スペシャルの恵みをいただいているのだということですよネ。

 私の地上での生涯は、あと、いつまでになるのかはわかりませんが、妻との約束で、私の最後の仕事として、「妻の介護をきっちりとして、妻を先に見送ってから、私を召してください。」 ━━ と祈っていますので、あと何年生きるのかは、妻次第ということになります。

 いずれにしても、残された地上での生涯を、「へりくだりつつ、忠実に」 をモットーにして、歩んでいきたいと思います。』

(長男の写真から、父親の顔を想像あれ!)
114.jpg
posted by ukon3 at 21:23| Comment(0) | いろいろ

2013年07月11日

ある、おとしよりとの会話


● その人 「早く、“お迎え” に来てほしいよ!」
  私   「“お迎え” に来てほしいって、どこに行かれるのですか?」
 その人 「早く、〈天国〉に行きたい!」
  私   「“天国に行きたい” と言っても、神さまを信じていなくて、〈天国〉には行けませんよ。なぜかといったら、〈天国〉というのは、【聖書】・キリスト教の教えですから。生涯を走り終わって、神の前に出た時、一点の罪もない状態でなければ、“神のさばき” が待っているだけです。そして、〈天国〉(パライゾ・パラダイス)ではなく、“ゲヘナ” (地獄)の方へ行くことになります。

 神の御子(みこ)イエス・キリストが、あなたの身代わりになって、あなたの罪のために、神のさばきを受けてくださったことを信じなければ、あなたは、神の前に“罪まみれの状態” ですから、〈天国〉には入れないのです。」

 その人 「そうしたら、私は “仏教” の方だから、“極楽” に行く!」
  私  「行けるとしても、〈天国〉ではなくて、“極楽” の方でしょうね。でも、“極楽” って、本当にあるのですか? あるのなら、是非、行かれたらいいですが、本当にあるのですか?

 世界の人口は70億人だといわれていますが、そのうち、仏教徒といわれているのは3億6千万人(5.1%)で、全体から見れば、わずかです。残りの66億の人たちは、“極楽” があるなんて、聞いたこともなければ、勿論、その存在を信じてなどいませんよ。

 “極楽” が本当にあるのなら、是非行かれたらいいと思いますが、本当にあるのですか? 
 実際にその時になって、“そんなものはなかった” といって、あわてられませんように。

 今も、山右近さんや多くのキリシタン達が、天のパライゾ(天国)で、日本の国のすべての民の救いのために、そして、あなたのために、天国に来ることができるように、祈っておられると思いますよ。」

(祈る高山右近 by 木俣清史)
42.jpg
posted by ukon3 at 17:11| Comment(0) | いろいろ

2013年07月10日

天国 に行けますか?

● 【質問コーナー】

@ 「天国」に行けますか、行けませんか、わかりませんか?
A 神の前に「罪人」(つみびと)であることが、わかりますか、わかりませんか?
B 罪をもったままでは、神の御国(みくに)・天国に行けないことが、わかりますか、わかりませんか?
C イエス・キリストが、神の前に「罪人」である私の身代わりになって、十字架にかけられて、さばきを受けてくださったので、私の罪の問題は解決したのだということ、だから、そのことを信じる者は、罪をゆるされて、天国に行けるのだということが、わかりますか、わかりませんか?     
D イエス・キリストを神の御子(みこ)・私の救い主と信じている者には、聖霊なる神が内住(ないじゅう)してくださっていて、いつでも、どこでも、共にいてくださることが、わかりますか、わかりませんか?

※ (今一番わからないこと、知りたいことは何ですか?)

(高山右近 by 木俣清史)
05.jpg
posted by ukon3 at 20:31| Comment(0) | いろいろ

2013年07月05日

「腕時計」が考えましたよ!


●  私はどうして、生きているんだろう?
  私は何のために、働いて(勉強して)いるんだろう?
  私は、そもそもどのようにして出来たんだろう?

 ある時、「腕時計」が考えましたよ。いくら考えてみても、答えは見つかりません。
わからないまま、ああでもない、こうでもないと、考えが “堂々巡り” するばかりです。

 わからないはずです。自分でアレコレ考えて、自分で答えを出すことではないからです。「腕時計」には、目的をもって造った「製作者」がいて、その目的にそって存在し、働いているわけなのですから。

私たち「人間」も同じです。“どうして生きているの?” “何のために働いて(勉強して)いるの?”
“そもそも、人間はどのようにして出来たの? 単細胞から進化してきた結果?”

 どうぞ、中途半端にごまかさないで、徹底的に考えてみてください。そして、明確な“答え”を言ってみてください。

答えは、わからないはずです。自分でアレコレ考えて、自分で答えを出すことではないからです。
 「人間」には、そして「あなた」には、目的をもって造られたお方、【創造主・神】がおられて、その目的にそって生き、動き、存在しているのです。

そのことが、わからない限り、いくら考えても、悩んでみても、他の人にたずねてみても(彼らにも、わからないのですから)何も見えてこないでしょう。このことは「確信」をもって、そのように、あなたに言うことが出来ます。

「わたし(神)の目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」
                              (聖書・イザヤ書43:4)
(バルセロナにて撮影)
SP0089.jpg
posted by ukon3 at 13:40| Comment(2) | いろいろ