2014年01月27日

【 ほっこり 写真館 】

●  Coffee は お好きですか ?

D-2_0034[1].jpg

・ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC

●  しっかり 働いたので、ちょっと 
      Coffee Break に しましょう !

01.jpg

02.jpg

03.jpg

04.jpg

05.jpg

06.jpg

07.jpg

08.jpg

09.jpg

10.jpg
posted by ukon3 at 12:03| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2014年01月17日

加川広重 震災を巨大画で表現し、伝えていく

● 今日(2014.1.17) は、「 阪神 ・ 淡路大震災 」 (1995.1.17 午前5時46分) が起きて、19年目になります。

● 1.15(水) に、 「 加川広重 巨大絵画が繋ぐ 東北と神戸 2014 」 展 に出かけてきました。   ( 1/5〜1/17 開催 会場:デザイン・クリエイティブセンター 神戸 )

 加川広重さんは、宮城県在住(蔵王町 出身) で、ご自身が被災者として 東日本大震災 (2011.3.11) に出会い、そこからしか生み出しえない、根源的な2作品 「 雪に包まれる被災地 」 「 南三陸の黄金 」 (共に、縦5.4m 横16.14m 紙 ・ 水彩) を発表されました。

 今回は、その2作品を同時に展示するという、仙台以外では初めての試みが、同じく
被災地である神戸で、この時期に実現いたしました。

※ 「 雪に包まれる被災地 」 ( 2011年制作 )
 ボロボロになった石巻の工場。 釜石に乗り上げたタンカー。 津波にのまれていく町 ・・・・・

P1100350.jpg

P1100357.jpg

※ 「 南三陸の黄金 」 ( 2012年制作 )
 大震災から一年半 経過した被災地の現状。 生い茂った雑草。 空洞化した南三陸の
防災庁舎。 この土地本来の美しさと 故郷再生への希望 ・・・・・

P1100348.jpg

P1100354.jpg

※ 現在、福島をテーマにした 巨大画を制作中

  人は描かれていないが
  被災された 数限りない人々の
  慟哭が 聞こえてくる
  幸せだった生活が 見えてくる

  暮らしがあった
  家庭があった
  仕事があった
  生命があった
  愛 ・ 喜び ・ 希望 ・・・・・ があった

  破壊され尽してしまった ふるさと
  復興が 速やかに 
  進められていかなくてはならない

  こうした すべてのことの思いを
  一筆一筆に 心を込めて
  ていねいに ていねいに 描き上げられていった
  魂の 大作


 ( 加川広重さんと )
P1100361.jpg

 ( 会場で 演奏してくださった ピアニストの 弓張美季さんも一緒に )
P1100366.jpg

● 加川広重さんの ホームページ と 動画 
・ http://www.kagawahiroshige.com/p/home.html  
・ http://www.youtube.com/watch?v=dmpU7ymnTIo
posted by ukon3 at 13:33| Comment(3) | 【 夢の 美術館 】

2014年01月16日

【 さかい ひろこ 画集 】

● TJO (高槻自閉症児親の会) で、一緒に活動してきました 酒井弘子さん ですが、月に一度行っている フェルトの先生の工房で、この2〜3年、絵を描いてこられました。
 その中から 12枚の絵を選んで、その先生がカレンダーを作って下さいました。
 そして、私(久保田) にも プレゼントしてくださいましたよ。

P1100367.jpg

※ 了解をいただきましたので、紹介させていただきます。

 ( あかべこ )
P1100368.jpg

 ( かぶら )
P1100369.jpg

 ( にんにくの はな )
P1100370.jpg

 ( にんぎょう )
P1100371.jpg

 ( ばら )
P1100372.jpg

 ( あーち ちょーく )
P1100373.jpg

● http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%AF

 ( ねこじゃらし )
P1100374.jpg

 ( なす )
P1100375.jpg

 ( こばんそう )
P1100376.jpg

 ( りんご )
P1100377.jpg

 ( かぼちゃ )
P1100378.jpg

 ( あかかぶ )
P1100379.jpg

※ 尚、【 じいちゃんの 料理 】 の、料理の写真にうつっている ランチョンマット は、
  すべて、酒井弘子さんの作品なんですよ !
posted by ukon3 at 16:22| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年12月16日

【 夢の 美術館 】 へ ようこそ (11)

●  ジョルジュ ・ ラトゥール という画家を
   ご存じですか ?

( 豆を食べる人々 )
http://www.salvastyle.info/menu_classicism/view.cgi?file=latour_eating00&picture=%93%A4%82%F0%90H%82%D7%82%E9%90l%81X%81i%90H%8E%96%82%F0%82%B7%82%E9%94_%96%AF%82%CC%95v%95w%81j&person=%83W%83%87%83%8B%83W%83%85%81E%83h%81E%83%89%81E%83g%83D%81%5B%83%8B&back=latour_eating

( 大工のヨセフとイエス )
http://www.salvastyle.info/menu_classicism/view.cgi?file=latour_charpentier00&picture=%91%E5%8DH%82%CC%90%B9%83%88%83Z%83t&person=%83W%83%87%83%8B%83W%83%85%81E%83h%81E%83%89%81E%83g%83D%81%5B%83%8B&back=latour_charpentier

( ペテロの涙 )
http://www.salvastyle.info/menu_classicism/view.cgi?file=latour_pierre00&picture=%90%B9%83y%83e%83%8D%82%CC%89%F7%8C%E5%81i%90%B9%83y%83e%83%8D%82%CC%97%DC%81j&person=%83W%83%87%83%8B%83W%83%85%81E%83h%81E%83%89%81E%83g%83D%81%5B%83%8B&back=latour_pierre

( 生誕 )
http://www.salvastyle.info/menu_classicism/view.cgi?file=latour_nouveau00&picture=%90%B6%92a%81i%90V%90%B6%8E%99%81A%96%94%82%CD%83L%83%8A%83X%83g%82%CC%8D~%92a%81j&person=%83W%83%87%83%8B%83W%83%85%81E%83h%81E%83%89%81E%83g%83D%81%5B%83%8B&back=latour_nouveau

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

● http://www.salvastyle.com/menu_classicism/latour.html

  ( 老人 ) ( 老婆 )
老人.jpg

老婆.jpg

  ( 羊飼いの 礼拝 )
羊飼いの礼拝.jpg
posted by ukon3 at 20:15| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年12月08日

【 星うさぎ 】  絵と文 渡邉 保子



         星 う さ ぎ


P1100123.jpg

P1100124.jpg

P1100125.jpg


 サンヴェールの ピーコックストアが出来る前は
長いあいだ空き地になっていて、あたり一面
クローバの原っぱでした。
 自転車をおりて、私はうさぎがよろこぶ
クローバの葉を おみやげに摘んで帰ったものです。

P1100126.jpg

 帰りましょ 子うさぎ待ちます 帰りましょ
 ペダルふみふみ 夕日の丘を



 気に入っていた 深いグリーンのサテンのブラウス。
何とか着たくて、時間をかけて直しました。

P1100127.jpg

P1100128.jpg

 ブラウスを 噛んだ子うさぎ 叱れない
 広い野原に 出してやれずに



 大切にしていた 木立ちベゴニア でした。
かじったのは ちょっとだけでしたから、
私は少しだけ叱りました。

P1100129.jpg

 背のびして ベゴニアの葉を 噛みました
 さびしがりやの 私のうさぎ



 月下美人が咲いた 真夏の夜のことです。
寝る前にもう一度 花を見ておこうと 2階へあがったら ・・・
 忘れられない光景でした。

P1100130.jpg


 凛として うさぎ ひそかに 浴びていた
 月の光の スポットライト



 お風呂で滑って 左目の上を4針もぬうケガをしたり、
その他 いろいろ。
 何だかついていない時期があって、
そんな時のことです。

P1100131.jpg

 しばらくは 黙っていたい こんな日は
 うさぎと ラジオ 聞きましょか



 やはり、うさぎには 月が似合いました。

P1100132.jpg

 うさぎにも 見せてあげましょ 窓の月
 ブラインド 上げ あかりを消して



 別れは 突然にやってきました。
 4歳の誕生日直前の 3月18日夕方、
まるでねむっているような、きれいなきれいな顔でした。

P1100133.jpg

 腕の中 うさぎは今宵 星になる
 月のかけらの 小さな星に



 4年足らずの短い出会いでしたけれど、
楽しかった思い出が、次から次へと浮かんできて ・・・
 毎晩、布団の中で かくれて泣きました。

P1100134.jpg

 泣き虫の 私を うさぎが笑います
 窓の外には おぼろ月



 11月1日は、母の命日。
 セピア色の 母の子どものころの写真と
クローバの葉をくわえた うさの赤ちゃんの時の写真に
フリージアを飾ります。
 フリージアは、花好きの母が一番に好きだった花なので。

P1100135.jpg

 フリージア 11月の1日は
 うさぎの部屋にも かざりましょ


10
 あなたが、もしも 傘をさした星を見つけたら、
きっと 私に知らせてください。

P1100136.jpg

 戸をたたく つめたい雨の こんな夜は
 さびしかないか 星うさぎ


P1100137.jpg


                   あとがき

 うさぎのうさが 家族の一員として、この家で 私たちとともに暮らしていたことのあかしに この本を作りました。
 4年足らずの短い命を、うさは 精一杯に生きました。
 物静かで 謙虚で つつましやかだった うさのことを、私は生涯 忘れることはないでしょう。

                1991年6月25日
posted by ukon3 at 18:11| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年11月09日

【 夢の 美術館 】 へ ようこそ ! (10)

● 大森 英樹  という画家を、
  ご存じですか ?

http://www.geocities.jp/nyamoji/index.html

http://www.geocities.jp/nyamoji/sakuhinsyoukai.html

( 真空管猫 充電中 )
sinkuukanjyuudensk1[1].jpg

( 分かれ道 )
wakaremiti1[1].jpg
posted by ukon3 at 20:17| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年11月02日

【 夢の 美術館 】 へ ようこそ ! (9)

● ミケランジェロ  「最後の審判」 への批判

・ 「システィーナ礼拝堂」は、1477年に建造が開始され、1483年8月15日に献堂されました。
・ 「システィーナ」とは、「シクストゥスの」という意味で、この教皇の礼拝堂の創建者・教皇シクストゥス4世の名にちなんで、そう呼ばれています。
・ 内部絵画は、ボッティチェッリやラファエロなどによって、1481年〜1541年までの60年間かかって描かれていきましたが、天井画 「創世記の物語」 の制作をミケランジェロに命じたのはユリウス2世で、1512年に完成しました。フレスコ画。
・ 正面の祭壇壁の 「最後の審判」 は、教皇クレメンス7世の時に構想が生まれ、それを引き継いだパウルス3世の命を受けて、1536年〜41年に描かれました。
 祭壇壁には、先に描かれていた壁画がありましたが、それらをすべて破棄させて、ミケランジェロに制作させています。

1541年に壁画全体が完成し・公開されますと、激しい批判を受けることになりましたよ。

・ このような場所に、一物をさらけ出した裸体はまずい。
・ キリストを髭(ひげ)のないあまりに若い姿で描き、ふさわしい威厳が備わっていない。
・ 殉教者や処女における品位の欠如や、売春婦すら眼を閉じて見ないような生殖器に心を奪われた身振りが見られる。
・ 享楽的な浴場にならともかく、至高の聖堂内陣には適さない。

・ 地上における神の代理人である教皇の礼拝堂に、かくも多くの裸体像が恥ずかしげもなく、前向き後向きの姿で描かれても構わないなどと、誰があえて主張するだろうか。
 まことにもって、この至高なる場所にふさわしからぬことだ。
・ このように立派な場所に、これほど多くの裸体を描くのは不道徳なことで、破廉恥にも恥部を見せるそれらの裸体は、教皇の礼拝堂よりも、浴場か宿屋にこそふさわしい。
・ 素描、構想、彩色のすべてに優れたラファエロに比して、ミケランジェロはただ素描にのみ、それも裸体の素描に優れているにすぎない。
・ 「ミケランジェロの人体のひとつを見れば、他のすべてを見たのも同じ」という単調な繰り返しである。

・ どうやらミケランジェロは、人間や神に関する哲学がもつ偉大な神秘を、有象無象には理解できないようにするため詩のヴェールの下に包み隠した、かの大哲学者たちの例に倣ったらしい。
・ 「いくつかの馬鹿げたもの」がある。それは「天上に群がるたくさんの祝福された魂たちの中に、熱い接吻をかわし合う者たちを描き込むこと」や、「キリストが髭なしで描かれていたり、悪魔が大男の睾丸をつかんでひきずり落とそうとし、男は苦痛のあまり指を噛んでいるところ」で、そんなものにどんな神秘的な意味が読み取れるのかね。

 そうした空気のなかで、宗教的・道徳的要請により、他の画家達によって、「修正」 が加えられていくことになります。
 洗礼者ヨハネなどの陰部を布で覆ったり、聖女カテリーナに衣服を着せたり・・・・・
 ダニエーレという画家は、「腰布描き」というあだ名をもらったほどです。
 他にも、画家達によって、マント・ラッパ・櫂などと共に、多くの人物の陰部が布で覆われていきました。

※ 「システィーナ礼拝堂を読む」 (松浦弘明 他・著 / 河出書房新社・発行)

818.jpg

20080918_377836[1].jpg
posted by ukon3 at 18:32| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年10月30日

【 夢の 美術館 】 へ ようこそ ! (8)

●  林 典子 という写真家 を、ご存じですか ?

  中央アジアのキルギスで起きている「誘拐結婚」の現実を撮影し、
 世界最大規模の報道写真の祭典 「ビザ・プール・リマージュ」の
 最高賞を、日本人で初めて受賞されました。

 http://norikohayashi.jp/

 http://www.daysjapan.net/taishou/2013/third01.html

 http://nationalgeographic.jp/nng/article/20130619/354942/

 http://www.youtube.com/watch?v=5hW-Waz-CNM

804.jpg

805.jpg

802.jpg
posted by ukon3 at 07:50| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年10月21日

【 夢の 美術館 】 へ ようこそ ! (7)

●  河野 通勢 (みちせい ・ つうせい) という画家を、
  ご存じですか ?
 ( 私たちの教会・阿武山福音自由教会の 河野恒人さんの お父さんなんですよ。 )

  http://kouno-gallery.com/

  http://kouno-gallery.com/gallery.html

  http://kouno-gallery.com/memory.html

 ( 自画像 )
河野通勢・自画像.jpg

 ( 河柳と 荷を運ぶ人 )
河野通勢・河柳と荷を運ぶ人.jpg
posted by ukon3 at 17:11| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】

2013年10月19日

【 夢の 美術館 】 へ ようこそ ! (6)

●  木原 和敏 という画家を、
   ご存じですか ?

 http://my.reset.jp/~kaneko_takashi/index.html

  http://my.reset.jp/~kaneko_takashi/kenkyuu.htm

 http://my.reset.jp/~kaneko_takashi/year.htm

 ( Room )
木原和敏・Room.jpg

 ( たたずむ )
木原和敏・たたずむ.jpg
posted by ukon3 at 17:39| Comment(0) | 【 夢の 美術館 】