2013年12月17日

赤目四十八滝 渓谷

● 三重県名張市赤目町を流れる 滝川の渓谷で、多くの滝がある渓谷が、4kmにわたって続きます。
  四季折々の自然が美しく、特に、紅葉の名所としても知られています。
            ( photo by 太田yasu  )

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%9B%AE%E5%9B%9B%E5%8D%81%E5%85%AB%E6%BB%9D

04.jpg

06.jpg

07.jpg

20.jpg

10.jpg

15.jpg

14.jpg

2013年12月07日

【 Yasuさんの ひとこと 】 (3)

        三匹の イノブタ

 新里さん ・ 久保田さん 発案の、 ブログ 【 この人の こんな言葉 】 も、7月1日にスタートして、早や半年になる。

 タイトル画の、かけっこしている 三匹のイノブタ。
 私は、可愛くて ・ 可愛くて、とても大好きです。

 先頭の大きいのが、久保田さん ・・・ 。
 後に続くのが、新里さんと、太田です ・・・ 。

 右横のカレンダーの、掲載日を示す 赤字 が続いているのが、とても誇らしく、輝いて見えます ・・・ !
 久保田さんの努力には、頭が下がりっぱなしです ・・・ 。

 私も、チョッとの写真だけでなく、何とか、文章を ━━ と考えていますが ・・・ !

 走れ 走れ、三匹のイノブタ。
    先には、何があるのか ・・・ 神のみが知るのかな ・・・ ???

906.jpg

2013年11月23日

【 Yasu さんの ひとこと 】 (2)

       いい夫婦の日

 もうすぐ、大切なこの一年が ・・・・・。
 すごく速く感じる。

 若い時は、速く年を取りたいと思った時期が、あったような気がしたのに ・・・・・。
 なんだかんだと、のんきにしている間に、七十を呼んでしまった ・・・・・。

 私の友人の皆さんは、実行力と云うのか・行動力と云うのか、
すごく時間を、大切に 且つ 有効に活用されておられるのには、
頭がさがりっぱなしで ・・・・・。

 たとえば、趣味の 「写真」 にしても、
皆さんは、週に一回〜、撮影に出られるようなのに、
こちらは、月に一回〜、と情けない限りで、妻にも、
「 頑張りなさいよ、あんたも !」 と、叱咤激励されっぱなしで ・・・・・。

 よし、頑張るぞ ! ・・・・・ と気ばかりで、情けない。
 でも、来年こそは !! ・・・・・。

 ━━ でも、よき ( 良き ・ 善き ・ 好き )友人に恵まれ、
     とても楽しい人生だな 〜
と思う、今日この頃です ・・・・・。

 昨日(11/22)は、 “ いい夫婦の日 ”
 ・・・ 妻とも仲良く、いい夫婦で ・・・。
 お互いに、思いやりが大切なのでは、と思って ・・・・・。

 ( 赤目の滝にて by yasu )
05.jpg

2013年11月22日

【 Yasu さんの ひとこと 】 (1)

      母の形見の 果物ナイフ

 母が使っていた果物ナイフで、頂き物の好物の柿をむいていると、
 亡き母の、 「 今晩は 」 ・・・・・ という声が聞こえたような気がした ・・・・・。

 生前、居間に二人だけの時、母に、
「 りんごを むいて!」 と、よく頼んだものだった。

 すると母は、ニコニコ顔で、嬉しそうにナイフをキラリとさせると、
上手くさばいて、少し塩味を付けて、きれいなお皿に、可愛く盛り付けてくれた。

 夏みかんやハッサクなども、ナイフを上手く動かして、袋までもむいて、
外皮の中に盛り付けて、いつもの皿にチョコッとのせて、
「 いっぱい 食べや。」 と、ニコニコ顔をしていた。

 母に、「 食べたんか? 」 と聞くと、スーッと自分の部屋に戻っていく。
 母の分として、少し残しておいた ・・・・・ 。

 この11月1日に、一周忌を迎えた。
 思い出すと、母が準備してくれたすべてが、美味しかった気がする。

 この形見の果物ナイフで、孫に皮をむいて食べさせなくては ・・・・・ 。

_P0C2489.jpg

2013年10月29日

【 フレンド整骨院 ・ 渡部院長の ひとこと 】 (15)

●  速く 走りたいですか ? (2)

 次に、下半身ですが、
 下半身は、膝と足の親指の方向が重要です。
 日本人は外向きの人が多いので、こころもち内側を向くような感覚で、まっすぐ前方を向きます。

 膝と足の親指は、常に同じ方向を向きます。
 決して、ねじってはいけません。足か膝に負担がかかり、損傷の原因となります。

 地面をける部分は、足の親指の根元にある母指球です。
 足の土踏まずがバネとなりますので、足の小指側(外側)で地面をける人は、速く走れません。
 試みに、足の小指側に体重をのせて、ジャンプして下さい。たいていの人は、ジャンプ出来ません。

 そして、人体の重心線に近い、足の内側の筋肉を使って走ることが重要です。

 全体の意識としては ━━
 骨盤が前方に傾き、腰椎が前彎して、上半身が完全に骨盤の上にのり、少し前方に体重をかけるだけで(足の母指球に体重をかけるだけで)、足が自然に前に出ることを実感して下さい。

 あとは、腕と脚のバランスです。
 リズムが大切です。リズムのある音楽を、頭の中に思い浮かべながら走ることが重要です。

                 → 今回はここまで。まだまだ続きます! 

( 10.27 大阪マラソン で走る 山中伸弥・京都大教授 )
 山中教授.jpg   

2013年10月11日

【 フレンド整骨院 ・ 渡部院長の ひとこと 】 (14)


●  速く 走りたいですか? (1)

 運動会の季節です。
 9月から10月にかけて、小学校・中学校・高校と、運動会・体育祭が続きますねぇ。

 運動会の花といえば、やはり、走力をきそう競技ですねぇ。
 小学校の運動会からオリンピックまで、走る競技は何故か人を引きつけます。
 個人の走力には差がありますが、「今よりも速く走りたい!」 という欲求は、老若男女の区別なく あります。

 どうしたら、速く走れるのか。
 実は、速く走れる方法はあるのです。
 
 身体を正しく使うことによって、本来その人が持っている走力を、100% 発揮することが出来ますし、それが、ケガ・故障をしない方法にもつながります。

 走ることは、人間の重心の移動です。
 人間の中心は、骨盤の中にあります。よって、重心の移動とは、骨盤の移動ということになります。

 まず、上半身を骨盤にしっかりとのせることです。

 骨盤は、前傾することが必要です。
 腰椎は、前にゆるやかに彎曲します。
 次に、胸椎は、後ろにゆるやかに彎曲します。
 次に、頚椎は、前にゆるやかに彎曲します。
 あごは、後ろに引きます。
 両肩は、後ろに引いたあとに、力を抜きます。

 この状態の時、上半身は骨盤に完全にのっていますので、上半身の重さをあまり感じません。

                    → 今回はここまで。まだまだ続きます!

( ウサイン ・ ボルト選手 )
ボルト.jpg

2013年10月05日

【 フレンド整骨院 ・ 渡部院長の ひとこと 】 (13)

● 「ハンカチ王子」 は 復活するのか ?!

 この間、ハンカチ王子こと・斎藤佑樹投手(日本ハム ファイターズ)の、今シーズン初めての1軍登板がありました。テレビのスポーツニュースで見ました。
 残念ながら、あの投球フォームでは、復活はありません。
 あのままでは、来年で引退でしょう。

 斎藤投手の投球フォームは、上半身のみの、いわゆる「手投げ」になっています。
 下半身と上半身が、連動して動いていません。
 あの状態では、再び、肩の関節唇損傷になるか、さもなければ、肘関節を損傷するでしょう。

 理想的な投球フォームは、大リーグの上原浩治投手(ボストン・レッドソックス)です。
 理想的なフォームで投球しますと、損傷しませんし、年齢による球威不足が起こりにくいです。
 下半身中心の投球フォームを、身につけることが必要です。
 だから、投手は、下半身の強化と体軸の調整が重要です。

 体軸とは、骨盤から頭までのラインで、これがスポーツをする人にとっては生命線です。
 下半身主動で動きはじめ、骨盤の回転・つまり体軸の回転でボールを投げる。体軸と腕との角度は常に同じで・回転することによって、ボールに体幹の力を伝える。
 決して、腕や肩の力のみでボールを投げているのではありません。

 斎藤投手には、もう一度、基本に立ち返り、高校3年当時の体力と投球フォームを思い出して、復活してほしいと願っています。

                    → 今回はここまで。まだまだ続きます!

12112441[1].jpg

2013年09月28日

【 フレンド整骨院 ・ 渡部院長の ひとこと 】 (12)

● 【 スポーツ 外傷 】 (2)  治療の方法を 間違っていませんか ?

 治療の基本は、人間が本来持っている自然治癒力を、最大限に発揮させることにあります。
 それに加えて、傷が治癒する過程で、いかに機能を回復させるかが、治療の最重要点となります。ですから、治療の早い段階から、機能を回復させる手技が必要となります。

 傷を再び痛まないようにしながら、機能を回復させるという、微妙なバランスが必要となります。
 機能回復を急ぎ過ぎれば、傷はなかなか治癒しません。
 しかし、傷の治癒を優先させると、機能の回復が遅れます。

 筋肉の力は、すぐにおとろえます。
 3週間、寝たきりで歩行しなければ、歩き方がぎこちなくなりますし、人によれば、歩き方を忘れます。

 関節は、1か月動かさなければ、固まって来ます。
 関節は、最高4週間を目安として動かします。6週間動かさないと、完全に固まります。
 固まった関節を元にもどすのは、たいへんです。時間も労力もかかりますし、痛みも伴います。 従って、固定したとしても、最高4週間で動かし、再び固定します。

 治療とは、単に痛みをとるためではなくて、元の状態・機能回復が、100%に近い状態にすることが重要です。

 それから、1か所 傷をすれば、その部分を使用しませんので、人間は、他の部分で代償行動を取ります。その代償行動を取る部分に、普段の2倍の負担がかかります。
 簡単に言えば、左足の一部に傷をすれば、右足に負担がかかります。それによって、身体の使い方が変化しますので、必ず身体のバランスがくずれます。

 それが、身体の「ゆがみ」として表われますし、傷が治癒したとしても、頭の中には、傷をした部分を記憶していますので、傷以前と同様に、なかなか傷をした部分を使用しません。
 それが、身体の「ゆがみ」として定着しますので、その「ゆがみ」を取る治療も、機能回復と同時にしていかなければなりません。

 ━━ 要約すれば、
 治療とは、 @ 傷の治癒
         A 機能の回復
        B 全身のバランスをとって「ゆがみ」を取る

 この3点を、同時進行していくことです。

                       → 今回はここまで。 まだまだ続きます!

( 「あまちゃん」 最終回 ありがとう ! )
711 あまちゃん.jpg

2013年09月23日

【 フレンド整骨院 ・ 渡部院長の ひとこと 】 (11)

●  【 スポーツ 外傷 】 ( 1 )  治療の方法を 間違っていませんか?

 スポーツに、ケガはつきものです。
 スポーツをする時には、選手はもちろん、指導者もコーチも関係者全員が、負傷した時の手当の仕方を、正確に知っておく必要があります。

❶ 選手が負傷した時は、負傷の大小にかかわらず、競技はストップ です。

 ケガの程度を調べて、競技続行か・リタイアか、判断します。
 多くの場合、選手は興奮状態にありますので、選手は続行を希望しますし、日本人の美意識として、少し位のケガでリタイアするのを好ましく思いません。
 しかし、私は、ケガの大小にかかわらず、リタイア をすすめています。

 なぜならば、
@ 最初のケガは小さくても、続行することにより、より大きいケガとなる。
  ケガの治療に時間がかかる。
A その場はよくても、後遺障害がひどくなる。
B スポーツを継続することが、むずかしくなる。
C 日常生活の動作にも波及する。
━━ 以上の理由により、ケガをした時点で、スポーツはリタイアです。

❷ 次に、治療 です。

 ポイントは、まず一番に、患部の冷却です。
 受傷直後から、48時間〜72時間 、冷却します。
 骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ)にかかわらず、まず、受傷患部を冷却します。

● 冷却に、シップ(湿布)は有効なのか?  答えは、無効 です。
 湿布は、ヒヤッとした冷たい感じはしますが、布を1枚患部にかけているのですから、実は、保温しているのです。
 冷却は、患部の炎症をおさえて、治癒を早めるためにするのですから、湿布を貼って保温することは逆効果です。
 再度言いますが、湿布は冷感を感じるだけで、保温しているので、炎症をおさえる冷却には効果はありません。

 冷却には、氷水を使用します。
 ビニール袋(水を通さない袋)でよいので、氷と水を入れて、患部を冷却します。
 冷却には、〈 −4℃〜0℃ 〉が、一番効果があります。

 氷もしくはアイスパックを使用する場合は、濡れタオルを1枚、皮膚との間にはさんでください。そうすることによって、皮膚を保護して冷却できます。

 また、冷却用のアイススプレーがありますが、使用は慎重にしてください。
 皮膚が傷害を受けて、非常に危険です。アイススプレーは、−20℃〜−40℃ 位の冷気ですので、私は使用しません。

 冷却の時間は、10分〜20分。
 連続でする場合は、10分 アイシングをして、10分 休み、再び10分 アイシングをします。
 20分以上 アイシングをしますと、患部の血液の循環が悪くなりますので、患部周辺の痛み及び皮膚の色・全身の状態に気をつけてください。

※ 冷却期間中の48〜72時間は、風呂の湯舟には入らないでください。炎症を助長し、患部がズキズキとして痛みが増します。 シャワー程度にとどめてください。

 患部の状態にもよりますが、受傷後48〜72時間経過後 (炎症がおさまった頃)から、今度は保温します。
この時は、湿布を貼ってもかまいません。しかし、湿布はそれほど効果のあるものではありません。なぜなら、皮膚からほとんど吸収しません。
 人間の皮膚には、防御バリア(barrier)があります。皮膚を簡単に通過するのは、ある種の毒です。

❸ 次に、安静・固定 です。

 受傷した部分は、安静に・その部分を動かさないようにして、出来る限り固定した方が、傷の修復は早く進みます。
 表面上、出血していなくても、内部に損傷した部分があるのです。その内部の傷を開かないために、安静・固定します。

 その場合、テーピングをよくしていますが、あくまでも、テーピングは応急処置です。テーピングを、過信してはいけません。

 簡単に固定する道具としては、他に、包帯・サポーター等がありますが、私は、サポーターで固定する場合が多いです。
 サポーターは、取りはずしが自由で、水にも強いし、本人が自分で装着できますので便利です。
 この場合も、患部および全身の血液の循環に、注意しておく必要があります。

               → まだ途中ですが、今回はここまで。 続きは次回に !

( ヤクルト ・ 相川捕手 全治2か月の大ケガ )
jiko.jpg

2013年09月21日

【 フレンド整骨院 ・ 渡部院長の ひとこと 】 (10)

●  美女のなみだ は ほんとうか

 映画やテレビで、美しい女性が・美しく泣くシーンは、多く見られますし、見ている方もうっとりと感情移入しやすいシーンです。
 これは、映画やテレビなのですから、最初から、作りものであるという前提を、見ている方も理解しています。
 たとえ、「うそ泣き」であったとしても、誰もとがめることもないし、罪つくりなものでないことは明白です。

 しかし、これが現実の世界では、どうなのでしょうか。
 もし、美女・いや別に美女でなくてもよいのですが、ここでは美女にしておくと話がしやすいので、美女でいきます。

 美女が流す「なみだ」が、本当のものでないとしたら、どうなのでしょうか。
 おそらく、多くの人(特に男性)の運命が変わったものになったでしょうし、別の人生を歩むことになった人もいたのではないでしょうか。

 それでは、「うその涙」 と 「ほんとうの涙」 を見分ける方法が、あるのでしょうか?

 実は、あるのです。
 涙は、眼球の外側の涙腺で生産されて、外側の斜め上部(耳側)から、内側(鼻側)に向かって、眼球表面を潤して、内眼角の涙湖に集まります。
 このように内眼角に向かう涙の流動は、主として、瞬き(まばたき)によって行われます。
 正常では、涙は、角膜・結膜を潤すと共に、蒸発しますので、涙が流れ出るということはないのです。

 涙が流れ出るのは、
@ 三叉神経刺激(眼・鼻・味覚の刺激など) による反射
A 精神的な、激しい情動に伴って (いわゆる 美女の涙)
 この二つの場合が、考えられます。

 そして、涙が流れ出る時は、眼から鼻に通じる鼻涙管を通して、一部が鼻の中に流れ出るのです。
 ですから、ほんとうに涙を流す時は、鼻から涙が出ますので、鼻水として涙がでます。
 これが、見分けるポイントです。
 簡単にいえば、鼻水を伴わない涙は、「うそ泣き」 です。きれいな涙は、存在しません。

 しかし、何事にも、例外はあるのです。

 一つは、涙路の通過障害 (たとえば、鼻涙管閉塞)
 一つは、女優のように、うそでも・ほんとうの涙を流す人

 ですから、女性が涙で、物事を有利にもっていこうとするには、@女優のように「うそ涙」の練習をして、いつでも、「ほんとうの涙」を流せるようにしておくか Aいいわけとして、前もって「鼻涙管閉塞」と言って、涙路の通過障害という情報を、開示しておく必要があります。

 結論としては、やっぱり、「うそ涙」 と 「ほんとうの涙」 は、なかなか見分けにくい、ということです。

 これからは、女性が涙を流す時は、「鼻水が出ているかどうか」に注目しておいて、今後の参考にしてください。

                       → 今回はここまで。 まだまだ続きます !

( 「 風の絵師 」 ムン ・ チェウォンの 涙 )
風の絵師.jpg